カブトニオイガメの大きさは甲長15~16cm程度です。

カブトニオイガメの大きさはオスは甲長16cm程度、メスは甲長15cm程度まで成長します。ペットとして飼育できるカメでは、リクガメは甲長30cm程度まで成長する大きな種が多くいますが水棲のカメはそれ程大きくならない種が多くなります。
カブトニオイガメは丈夫で飼いやすいのでカメ飼育の初心者でも飼育可能です。寿命は25年程度とかなり長生きなので、その頃でも飼える状況であるのかを熟慮して飼育を始めましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ヒガシヘルマンリクガメの生態を知って適切に飼育しましょう

ヒガシヘルマンリクガメはヨーロッパの林や草原に生息する草食性のカメです。丸くて厚みのある甲羅にはっき...

スッポンを健康で長生きさせられる飼い方を知りましょう

スッポンは本来は丈夫な生き物なので、必要なアイテムを揃えてしまえば飼うのは難しくはありません。スッポ...

ミシシッピニオイガメは小型でなつき飼育が容易な人気のカメです

ミシシッピニオイガメはカメの中では小型で13cm程度までしか成長しません。大きくなるカメは成長すると...

ミドリガメの大きさは最大で甲羅長30cm程度まで成長します

小さくて可愛いミドリガメを見ると飼いたくなったり子供が欲しがったりする場合があるでしょう。しかし、ミ...

ミシシッピアカミミガメの寿命は30年程度ですが差が大きいです

ミシシッピアカミミガメは日本ではミドリガメと呼ばれ親しまれています。寿命は30年程度と言われています...

ギリシャリクガメの値段は大きく成長した個体ほど高くなります

ギリシャリクガメはベビーのうちは環境の変化に弱くうまく育たない可能性が高くなるので、成長した大きな個...

イシガメの飼い方を知って元気に長生きしてもらいましょう

これからイシガメを飼おうと思っている。イシガメを飼っているけれど飼育方法に疑問点がある…という場合に...

ミシシッピニオイガメは飼育下ではまず臭腺から臭いを出しません

ミシシッピニオイガメは後ろ足の付け根の辺りに臭腺があり、危険な場面に遭遇した時に臭いを出して敵を撃退...

スポンサーリンク

カブトニオイガメの大きさはオスもメスも同じくらいで甲長15~16cm程度です。

  • カブトニオイガメはアメリカの河川や池などに生息する昼行性のカメで、普段は水底に潜っています。
  • 泳ぎが上手で陸で歩くのも上手です。
  • 雑食性で魚や貝類、エビやカニ、昆虫、水草などを食べます。

カブトニオイガメはオスとメスの大きさは同じくらいですが、若干オスが大きい傾向があり甲長16cm程度、メスは甲長15cm程度まで成長します。
ペットで飼育できるリクガメの大きさは甲長30cm程度と大きくなる種が多いですが、水辺に生息するペットにできるカメは小型の種が多くなります。

カブトニオイガメは多くの時を水中で過ごすので水槽で飼育することができます

飼育に必要なスペースは水槽を置く場所だけでよく、丈夫で人工餌を食べるので亀を初めて飼育する方にも飼育可能です。

ただ、寿命が25年程度で上手に飼育すると30年以上生きる場合もあるので、30年後でも飼育を続けられる状況であるのかを熟慮してから飼育を始めましょう。
日本には生息しないカメなので、放すと繁殖したり他の種と交雑して生態系に悪影響を与える可能性があります。

カブトニオイガメは危険な状況下では強い匂いを放ちますが、飼育している分にはそのような状況がなく匂いを出す事はありません。

カブトニオイガメを飼育する水槽の大きさは横幅90cm以上のものを用意しレイアウトします。

カブトニオイガメは広い環境で飼育すると伸び伸びと成長して大きさも大きくなります。

大きく成長してほしくないからと狭い環境で飼育するとストレスを感じてしまいます。
横幅が90cmの水槽は購入したり家の中に置くには大きい方ですが、本来は自然界で伸び伸びと暮らすことを考えるとどんなに大きな水槽を用意しても広いとは言えません。

カブトニオイガメができるだけ快適に過ごせるようにできるだけ大きな水槽を用意してあげたいものです。
水槽を用意したらカブトニオイガメに適した環境にレイアウトしましょう。

水槽

横幅90cm以上の水槽が望ましいでしょう。カブトニオイガメは殆ど水中で過ごすので水を多く入れます。すっぽりと入って泳げるくらいの水深を確保しましょう。また、水の量が多い方が水質や水温を保ちやすくなります。

底砂

カブトニオイガメは水底を移動したり潜るのが好きなので底砂を敷いてあげましょう。甲羅や身体が傷付かないように角がない丸い川砂や細かい砂利を選ぶとよいでしょう。

浮島

カブトニオイガメは陸に上がり甲羅干しをします。上がった時に全身がしっかりと水から出るように浮島を設けましょう。

濾過装置

カブトニオイガメは殆どを水中で過ごすので水質を保つことは重要です。濾過装置を設置して水質を保ちましょう。濾過能力が高くメンテナンスしやすい上部式フィルターがおすすめです。
子ガメのうちで水量が少ないうちは投げ込み式フィルターでもよいでしょう。

上部式フィルターと投げ込み式フィルターを併用するとより水質が保たれ水換えの頻度も減らすことができます。
フィルターは濾過能力を保持するために毎週掃除をしましょう。

水中ヒーター

カブトニオイガメに適した水温は24~29度程度です。
野生では冬は冬眠して過ごしますが、飼育していて冬眠させると途中で目覚めた時に餌がないなど失敗して命を失う場合が多くあります。

冬は水中ヒーターで保温して冬眠させない方がよいでしょう。

カブトニオイガメの大きさに合わせてバスキングスポットを作りましょう。

カブトニオイガメは昼行性のカメで日光浴もします。

日光浴をして紫外線を浴びることによりカルシウムを育成して健康を保ちます。また、甲羅や身体を殺菌して病気を予防する効果もあります。
餌を食べた後に消化をよくする為に日光浴をする場合もあります。温度が低いと消化機能が低下し食欲が落ちるだけではなく消化不良になり体調を崩す場合もあります。

日光浴は健康を保つために大切なので、カブトニオイガメが必要な時に日光浴できるようにバスキングスポットを作ってあげましょう。

バスキングスポット

陸地に平らな部分を作り、紫外線ライトと保温ライトを照射します。ライトの強さは照射する場所までの距離で調節しましょう。

日光浴もさせる

ライトによる日光浴は補助的なものと考えて、自然光での日光浴もさせてあげましょう。その際に直射日光に当てないように注意しましょう。
日光浴させるのは曇りの日が望ましく、必ずカブトニオイガメが自分で退避できるように日陰と水場を設けましょう。

時間は30分程度で日光浴中は脱走や外敵に注意して目を放さないようにしましょう。

カブトニオイガメの飼育は設備を整えてしまえば難しくはありません。

カブトニオイガメは水槽に濾過装置などの必要な設備を整えると、日頃の世話はそれ程難しくはありません。

餌の食べ残しや糞を取り除く

餌の食べ残しは水質を急激に悪化させるのですぐに取り除きましょう。水槽の底に糞が溜まっていたら掃除ポンプで吸い取っておくと水質の悪化を防ぎ水換えの頻度が少なくて済むようになります。

水換えをする

水質を保つために水換えを定期的に行いましょう。目安は週に1回で、3割程度の水を捨て、新しい水を入れましょう。

濾過装置の掃除をする

水換えをする時に濾過装置の掃除もしましょう。フィルターが目詰まりすると濾過能力が落ちるので汚れ具合に合わせて掃除の頻度を調節します。

甲羅の掃除をする

カブトニオイガメの甲羅が汚れてきたら柔らかいスポンジできれいにしてあげましょう。

カブトニオイガメが本来の大きさに成長できるようにバランスのよい餌を与えましょう。

カブトニオイガメは野生では魚や貝類、エビ、カニ、水草などを食べます。

カメ用の人工餌がおすすめです

ペットとして販売されているカブトニオイガメは人工餌に餌付いている場合が多いので、カメ用の人工餌を与えるとよいでしょう。
雑食性なのでササミや野菜、パンなども与えると食べますが栄養が偏ったり水が汚れてしまいます。カメ用の人工餌はカメに必要な栄養素が揃っていて、水も汚れづらく作られています。手軽さも抜群なのでカメ用の人工餌を与える事をおすすめします。

おやつには乾燥エビや小さな貝がよいでしょう

おやつには乾燥エビやシジミなどの小さな貝を与えると喜びます。

餌は大人は1~2日に1回与えます

大人は肥満にならないように体型を見ながら1~2日に1回餌を与えます。

子供は毎日2~3回与えます

子供のうちは丈夫に成長させるために毎日2~3回しっかりと餌を与えましょう。

カブトニオイガメが健康で本来の大きさに成長できるように飼育環境を整えて、適切に餌を与えましょう。